fc2ブログ

記事一覧

【服】思い出は、心の中に。

前にも思ったけど。

もう使わないモノ、もう着られない服を後生大事に持ち続けるって「過去の自分」の「遺品」を握りしめてる感じだよね。

それって。
今の自分の存在を認めていない、のでは?(・・;

あのときの自分だけが自分、今の自分は自分じゃない!みたいな?

…それって、自分がかわいそうでしょ?

思い出は心の中にしまって、人間みんな生きてる。
その思い出を体験するために今生生まれてきたとしても、死後そのモノや服持って天国行けるわけじゃない。
逆に。心の中にしまっておかないと、天国に持って行けないのかもよ?(・・;
モノや服のカタチで、自分と別人格で日々接してたりすると、死ぬとき置いてけぼりにすることになる。
当然、遺された遺族にとってはゴミの山でしかない。
…宝物の末路、それでいいの?(・・;
自分が動けるうちに、きちんと「さようならの儀式」して思い出とモノを分離して。
思い出は心の中に、モノは最上の方法で手放してあげて。
資源物か、フリマアプリか、燃えるごみか、はたまた神社仏閣での「お炊き上げ」による供養か、モノによるけど。

私の自治体なら服は資源物か、リサイクルショップにまとめて出して、値段つかないものでも引き取ってもらえる仕組みを利用する。
…でも、今はコロナ禍で海外輸出がストップしたまま…。
そういう手放し方を選択するなら、アフターコロナの段階まで待った方が「最上の方法」だね。

「さようならの儀式」先延ばししてると、古臭いデザインになるのはもちろん、世界が変わってしまって、今みたいな、活かせるモノも活かせない場合もあるってこと。

過去の自分が、その体験を通じて成長して、今の自分となった。
今の自分に、過去の思い出すべてを統合して。
心にちゃんと思い出しまって。

失うんじゃない。
自分の一部なんだよ(*^-^*)
心の中に、ちゃんとある。ね?


関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

とりぃさん

Author:とりぃさん

最新コメント