fc2ブログ

記事一覧

未来型 母娘同居スタイル♪(*^-^*)

先日、テレビで「子供部屋おじさん」を取り上げていた。
実家暮らしのおじさん世代、ってことだよね(・・;
また新しいワード出てきたわぁ…。
同じ「子供部屋おじさん」でも、実家の支出全部払って「実家片付け」はもちろんのこと、家事も介護も全部してるんです…っていう男性もいるはず。
「ラク」だけでなく、そういうとこアピールすれば、女性も引くだけでなく、頼もしさを感じてくれると思います♪がんばって♪(*^-^*)


う~ん。。。
でも、そのくくり、私の実家暮らしとは違うジャンルということが明確でいいかも♪(*^-^*)
だって、私の部屋は「子供部屋」じゃないから!

未亡人になった母と、独身の独立していた娘が老後を見据えてそれぞれの家を引き払って新しく同居したようなスタイル
「老親を引き取る」とも「実家に出戻り」とも、もちろん「子供部屋おばさん」とも違う。
前向きに、それぞれオイシイとこどりできるよう、部屋の間取りも2人に合わせて考えて、元の実家を手放し、隣り町の小さな中古住宅に引越。
もちろん世帯主は私だし、固定支出は私の口座から。親の年金頼って自分の貯金増やすなんてせずに、親の面倒みれる幸せ。
一人暮らしって後ろめたさあるじゃない?親の老いから逃げて楽しんでる、みたいな。

未来型の母娘同居スタイル♪\(^o^)/

「実家片付け」の大変さも先取りして、2人ぶんの終活終了♪♪(*^-^*)
どちらか1人残された際に、故人の服と車と布団を処分すれば、あとはほぼそのままで1人暮らしの物量!

テレビに出ていた「子供部屋おじさん」みたいに、子ども時代のコレクションに囲まれて暮らしていない。
趣味…という視点で見ればガーデニング、か。
庭の植物も取捨選択、厳選して20分の1どころか何百分の1のサイズの引越先の小さな花壇に移植。それらは新たな庭で「我が家らしさ」を表現するもの。ただ右から左に動かしただけじゃない。




思い出過去の栄光に浸るのが男性は好きかもしれない。
けど。
「自分も親も明日は、1日ぶん老いる」ってことから逃げるんじゃねぇぞぉ?
私は「親も自分も、今日が一番若い」と自分に言い聞かせて「先延ばし禁止」して、今まで終活頑張って、50歳を前にして「片付けのために生まれてきた」という人生の任務からの卒業を感じられるところに到達。
この安堵感、コロナ禍では毎日改めてしみじみ感じる~。あのままの実家だったら…ぞっとするもん…(-_-;)

これからは、軽やかに、柔軟に。
残りの人生50年あるとしたら、この軽やかさを武器に、日本全国と言わずに宇宙でも、ぱっといつでも引越できる。

私と「子供部屋おじさん」。
今は、同じようにのほほんと暮らしてる「実家暮らしの中年独身」に見えても、30年後は大きな差があるのでは?

貯金が多ければ、いいってもんじゃありません。
こぢんまり暮らしにシフトするのは、早ければ早いほど、お金にしたらウン千万の価値に値する。算数できないけど私はそう信じてる(笑)
お金がなくても、生活がこぢんまり化していれば、なんとでもなる。はず!

今からでも、自分の終活始めておきましょう。
親の終活に手を出すのは、自分の終活が終わってから、ね。
順番間違えないように。。。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

とりぃさん

Author:とりぃさん

最新コメント