fc2ブログ

記事一覧

服の話。

ファストファッション、ね。
いつの間にか、お店の「買える値段の服」の中に「買いたい服」がなくなったの。
「布ケチったぴっちぴち」か「布地がやたら多いダボダボ(工程少なくして人件費ケチった感じ)」どっちかしかないぞ?なんだこれ?って、急に。

それ以来、今は。
…もとい、コロナ前までは。
服はリサイクルショップで試着しまくって、似合う、動ける服だけを買ってた。
流行りの服というより、自分の体型とライフスタイルに合った服。
そうやって中古品のオンリーワンの服を選び出し、着なくなったときはまたリサイクルショップに持っていくか、資源衣類として輸出される自治体の資源物収集に出していた。
(コロナ禍では自治体の資源衣類収集中止してるので、着倒す服はお店に持って行ってリサイクルできるユニクロ製品を選ぶようにしてる。リサイクルショップでなら「買えない値段」ラインも手が出せるし)

…コロナ騒動始まって以来、まだ服は試着すらしてない。
翌シーズン、服買えない事態になってても、困らない最低限の枚数」残してあったので、春服、夏服、どっちも手持ち3、4パターンあったし(^o^;

これからの服選びは。
以前書いたように、もしも軽症者療養施設に入ったときに「手洗いしやすい」布の多くない服を選ぼう!と考えてる。
自分の体型にもライフスタイルにも合ってたガウチョパンツだけど、手洗いで2週間生活するって考えたら、これだと手で洗うのも、ましてや手で絞るなんて大変!って気づいた。
手絞り脱水じゃ乾くのも時間かかりそう…。
ジムウェアみたいなシュッとしたシルエットでありながら動きやすい、速乾性あるボトムスがいいなぁ、って考えに変わった。
(ワークマンで服買う、も選択肢に。リサイクルショップに出てこない系統なので新品で)

流行とかじゃなくて、自分の中でコロナ禍を経験して服への考えが変化したの。

…さすがに「自然にやさしい服」はまだ身近に選択肢が多くない。
私の通うリサイクルショップの服の中で天然素材、天然染料とかこだわると、どこか海外の民族衣装っぽい路線に…。

個人の中でこう変化したんだから、地球全体も、服への考え変わってくと思う。
お店が、工場が、輸出入がストップ。
このコロナ禍を経験した後、なにも方向性変わらない会社ある?ないよね。

次から次へと「今年のトレンドはこれ」的な安い服の「お仕着せ」をやめて、1着1着愛情持ってベーシックなもの、自社らしい服を作り、買う側も少し高くても長く大事に着る、合わなくなったら次の人にまわす、最後は何かにカタチを変えるまで使い倒す。そういう服が増えてくるんじゃないかな。
スローファッションの方向に世の中全体の意識が変わってくんじゃないかな。

恵方巻きを予約制にしたように。
欲しい人の、欲しいサイズ、色、枚数を予約制で作る時代になってくとか。
お金持ちはオーダーメイドで服作るとか。
リメイクオーダーが一般的になるとか。

着なくなったら、次の人へまわすためにリサイクルショップへ持って行く。

そして、私みたいな「新品で、自然にやさしい服を買うお金を出すのが難しい」人は、そのリサイクルショップで服を選ぶ。
そして、また次の人へ。

スローでも。
欲しい色がサイズピッタリで買えるなら待ちます。
そういう時代の服作るのなら、私、服づくりの業界に転職してもいいかも(*^-^*)

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

とりぃさん

Author:とりぃさん

最新コメント