fc2ブログ

記事一覧

旅行用に、折りたたみリュック購入。

北海道行くにあたり、防寒対策グッズを入れてくバッグを用意することに。
こっちではもうあったかくて、身につけて行くわけにはいかないもんね(^o^;

41リットルの避難用リュックだと大き過ぎ、30リットルのキャリー付きリュックだと入れ物の方が重いかも…、とはいえ手持ちの百均デカバッグも違うなぁ…、ということで。
イオンの旅行用品コーナーに行ってみた(^.^;

そこで見つけて気に入って購入したのが、21リットルのパッカブルトートリュック、という商品♪
ポケットサイズに折りたたみできるリュックサック。
赤札ついてて税込価格1,100円、というお手頃価格で入手♪

ボストンバックになるタイプもあったけど、これはトートにもリュックにもなるから、私のいつもの「ヘルシーバックバッグ」と合わせて持ってみたらリュックスタイルの方がしっくりきたので(サンプルがあった)、これに。







これ買ったあと、そのままヘルシーバックバッグにスッと収納して帰宅。
それってつまり。
この中の防寒対策グッズを全部身につけたら、荷物をヘルシーバックバッグひとつにできるってこと♪(✽ ゚д゚ ✽)

これを母の荷物運搬用として機内持ち込みしたいと思います♪♪♪\(^o^)/


ちなみに。
元「避難リュック」だった、30リットルのキャリー付きの黒系リュックは、将来、電車乗って納骨に行くとしたら使えそ~と思って残してる(^.^;
ガバっと開くがま口タイプなので。


水運搬用ポリタンクを入れてみた写真↑

…学生あふれる狭いローカル満員電車に、喪服姿で骨壷の白い箱持ったヨレヨレのおばあちゃんが1人で乗ってる、って怖いでしょ?(^o^;
満員電車で、あの白い包みを片手に、片手で吊り革で1時間とか、本人的にも無理ぃ…!(TдT)

検索すると「風呂敷に包んで隠す」とか載ってるけど、風呂敷ももう令和時代、目を引くよね!?骨持ってる!?(゜o゜;って結局バレるじゃん(笑)片手で吊り革、片手で骨壷抱えて持つなんて危険だし、リュックとかトートタイプのバッグの方がいいよね。
さすがに今日買ったバッグだと奥行き17cmで厳しいけど。
ま、裁縫得意な私だから、このキャリーバッグなくても、ある布で骨壷サイズの四角いトートバック徹夜してでも縫うだろうから、実際はそれだけのためにとっておく必要ないけど~(笑)


↓こういう専用品もあるけど~。↓

逆に考えて、これの代わりに手持ちのグレー系のリュックとっておくって選択肢、アリでしょ♪
電車乗ってても、自然というか。。。

…死への備えって、そういうこと私は考えちゃうのですぅ~(^o^;
入院保険とか、生命保険とか、死ぬ前にクルーズ旅行とか、お金や夢物語ではなく。。。
変わってるよね(笑)

遠くの葬儀に駆けつけるときにも、これなら直接斎場まで駆けつけられそうだし。
もちろん、写真で試してるように、断水時に給水タンクを入れてキャリーで運搬することもできるし。
買い物カートとしても使えるし、キャリー単独でも(避難リュックは大きいけど、キャリーに乗せれば遠距離の登り坂の徒歩避難も可能だよね。あ!そうそう!上記のパッカブルトートリュックもキャリーに重ねてつけられるよ~♪)、リュック単独でも使える。
私は高齢の母のぶんと合わせて2人ぶんの荷物なので入りきらなくなって大きいリュックに買い替えた
けど、1人用オシャレな防災リュックとして、このキャリーバッグはオススメですよ~♪\(^o^)/


話が旅行から飛躍し過ぎたけど(笑)
ミニマリストもどきでも超心配性な私が、高齢の母と行動するって、やっぱり荷物それなりに増えるのよぉ~1人で背負うわけだから(^.^;

じゃあヘルシーバックバッグやめてがっつりリュックひとつに!となると、旭山動物園観光する間もその2人ぶんの荷物のがっつりリュック背負って歩くことに…(ーー;)

ふぅ~。。。
飛行機使うとなるとバッグ、急にアレコレ条件変わること実感!!
滅多に乗らない飛行機も、たまには乗ってみるもんだねぇ~バッグ観、変わるかも(^o^;


【追記】

母の荷物、ほぼ防寒着だけのこのリュックひとつにして(普段遣いのバッグはポーチのようにイン!)、自分はいつものヘルシーバックバッグで飛行機旅。
お土産と着換え、歯ブラシセット(入れ歯だとかさばるのよ~)はダンボールにて、行きも帰りもゆうパックにて送付。

このリュック、軽いし、背負えるし、トート持ちできるし、帰ってきたら消毒してたたんでしまえるし、買ってよかった♪(*^-^*)

預け入れ荷物もないし、キャリーでゴロゴロするような重い荷物もない、身軽な旅できた。

このリュック、しばらくキープして、使う機会なさそうなら、誰かに便利に使ってほしいから、リサイクルショップに持ち込みます。
なんせ、旅行とは縁遠い家でして(笑)
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

とりぃさん

Author:とりぃさん

最新コメント