fc2ブログ

記事一覧

頼ってもいい、甘えてもいい。

先日、地元自治体の「非常持出品」一覧見て、目からウロコだった話の続き。

リュック「サバイバル生き残るぞ!」って感じで次々と防災用品詰め込んで、今まですっごい重かったんだけど(^o^;
その一覧見て「1日分の非常食持ってみんなのいるところにたどり着ければ、あとはなんとかなる」って力抜けた。

先日はまだ「火がおこせたら、料理や暖とれるし、ノロシあげられる」って抜けなかった防災マッチとろうそく(^.^;
火ナシでの「サバイバル」は困難だろうけど、「災害避難」前提の非常持出品なのだから、火は危険よね、ガス漏れの可能性ある。ましてや私は嗅覚障害でガス臭さ全くわからない人間。火つけちゃいけないってこと気づいた…(=_=;)
嗅覚障害というのは災害時、1人で火をつけちゃいけない人間だという自覚がゼロだった。大発見…!!!リュックで持ち出す意味ナシ。
リュックから抜いて、停電断水対策グッズに入れておこうと思います。ライフラインが途絶えたらサバイバル生活だもの~(^o^;
(お墓参りグッズに入れてもいいかも!往復5時間かけてお参り行ったのに、お線香に火がつかなかったことあったから…)

ロープも。
洪水避難中に流されないよう、お互いや柱、樹木とを結びつけようと思って入れたけど。
流される前提より、30分早く逃げろ!だよね(笑)結んでない自由な身だから助かった!って方にかけよう(^.^;
ロープより手ぬぐい1枚の方が役立つかも(笑)

…と見直したら。
今の防災リュック、6.0kgきれるかも。
空いた隙間に、普段から「入院用品ポーチ」入れておければ、更に、ダブってる歯ブラシとかヘアブラシ減らせるし「いつもの」の安心感が加わる。(←これ、やってみようとしたけど、2人分の歯ブラシやカップが1つになるだけでたいして減らせなかったので、今回は戻した。入院ポーチは1人分だから。1人身になったらできることとして覚えておこう…)

避難したら、公助受けられる。
必要な証明書類等さえあれば、家流されてもぺちゃんこでも「生活再建」への手続きできる。
(実家片付けも住替えも終活も終えて、建物内に残っているのは、「生活に必要なモノ」と「防災用品」「備蓄」。残すにあたり、厳選したモノ。それぞれこだわりポイントはあるけど執着はないの、建物さえもね~)
たとえ死体になっていても身元確認になるだろうし、遺族のその後の手続きに必要な書類あると便利だろう。

「非常持出品」はサバイバルグッズとは別モノだと気づけたことは大きい。

心配性な私の場合、防災ポーチを軽量化してバッグに戻したことで「非常持出品」ほぼクリア♪
モバイルバッテリーは重くても代わりないから仕方ないけど…飲み物も重い…。
職場へ水筒持参で飲み物ダブってること多いので、ベビー麦茶残すかまだ悩んでる(^.^;

小銭あれば自販機で買える!ライフライン生きていれば水道水飲める地域!家が無事なら水の備蓄はある!ってこと信じて、防災ポーチ持ち続けること優先で、ベビー麦茶抜いた。蒟蒻ゼリー2つ追加して。


【追記】

この日の目玉焼きは(早朝に書いて投稿)、黄身ダブルだった♪(✽ ゚д゚ ✽)



この方向性に、ゴーサインもらったような、ワクワク感♪(*^-^*)
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

とりぃさん

Author:とりぃさん

最新コメント